重要 0

妊娠線の予防には、それに関係するクリームやオイルも大切です。
しかし、それよりももっと大切なのが栄養です。
肌を回復し、ターンオーバーや代謝を促進してくれるような栄養が足りていなければ、肌を回復させたくても出来ない状態になってしまいます。
その為に、今しっかりと化粧品やケア用品ばかりでなく肌に良い成分であるコラーゲンやビタミンを積極的に摂取するようにして下さい。
サプリメントを利用しても良いとされていますから、産婦人科の先生と相談して服用する物は決めて下さい。

時期 0

妊娠線が出来るのはだいたい悪阻が終わったあたりです。
その頃になると、どうしても食欲が急に増して赤ちゃんの為に蓄える体制に入ってしまいます。
だいたい妊娠4ヶ月目あたりから注意が必要であり、この頃には既に妊娠線の為の化粧品等を利用して対策する必要があります。…

原因 0

何故妊娠線が出来るのかについてですが、これは皮膚が引っ張られる事に原因があります。
妊娠すると、女性はどうしても体重が増加します。
更に、時間の経過によってお腹も膨らんできます。
それにより、普通に生活していたのでは考えられないようなスピードで体重が増加し、更に腹部が通常ではありえない形で大きくなります。
そうすると、人間の皮膚はその急激な膨らみについていけなくなり、内部の組織が裂けてしまいます。
これが妊娠線になるのです。…

割れる 0

妊娠すると問題になってくるのが妊娠線です。
これは赤ちゃんが成長する事で膨らむ腹部だったり、そこにつながっている太もも等に出来る線状の傷の事です。
妊娠線とは言いますが、いわゆる肉割れと同じ状態です。
酷い人であれば、お腹全体にこれが出来てしまう事もあります。
普通の皮膚の色よりもぐっと白っぽい色をしている為に、出来てしまうとかなり目立ちます。…